2021.02.03|ワコム(6727)2021年3月期3Q決算コメント

ワコム(6727)2021年3月期3Q決算コメント / financialreport6727-fy2021-3q

執筆:西村 麻美

ワコムの株価情報

株価
(2021/2/1)
時価総額 自己資本比率 ROE ROIC
940円 1,565億円 50.9% 13.2% 12.8%
PER
(実績)
PER
(予想)
PBR 配当利回り EV / EBITDA
39.01倍 16.06倍 4.21倍 0.8% 8.2倍


2021年3月期第3四半期決算

売上高852億円(前年同期比20%増⤴
営業利益128億円(同124%増⤴
当期純利益94億円(同118%増⤴)

連結売上高、連結営業利益、連結当期純利益が過去最高を記録した。為替円高の影響がマイナス3億円あったが、売上増と製品ミックス改善により吸収し、粗利益率は前年同期比4.9%改善し38.9%となり、営業利益は同70億円増加した。

ブランド製品事業は、売上高が前年同期比37.7%増の444億円、セグメント利益は同463.7%増の83億円。オンライン教育向け等での、ペンタブレット製品やディスプレイ製品のエントリーモデル新製品への需要増により増収し、売上増加や製品ミックス改善等によりセグメント利益は増加した。

テクノロジーソリューション事業は、売上高が前年同期比5.2%増の407億円、セグメント利益が同11.1%増の79億円だった。AESテクノロジーが生産サプライチェーンの制限を受けながらも僅かに売上増加し、EMRテクノロジー他もOEM提供先メーカーからの需要増より売上増加し、売上増加による粗利増等によりセグメント利益は増加した。


2021年3月期予想

売上高1,060億円(前年比19.7%増⤴
営業利益130億円(前年比133.5%増⤴
当期純利益95億円(前年比144.5%増⤴

二回目の上方修正をした。第2四半期の決算発表時点での通期予想が下半期に相当な業績悪化を前提としていた数字なので、やはり二度目の上方修正に至った。

第2四半期決算発表時に発表した通期業績予想よりも純利益は50.8%増の大幅な上方修正である。

2021年3月期に関してワコムは為替の想定レートをUSドルとユーロに関して変更した。中国元に関しては前回予想を据え置いた。

1USドル=105.0円
1ユーロ=126.0円
1中国元=15.5円

為替感応度は1円の円高でUSドルでは6億3,000万円の減収、営業利益は3,000万円の減益、ユーロでは1億4,000万円の減収、1億円の営業利益減を予想している。また、対中国元では0.1円の円高で7,000万円の減収、5,000万円の営業利益減を予想している。


アナリストによる投資スタンス

株価バリュエーションは予想PERが16.01倍、PBRが4.21倍、EV/EBITDAが8.2倍とPERベースではかなり割安である。二度目の上方修正は織り込み済みだったようで3Q決算発表後の本日の株価はあまり反応していない。教育市場での高い成長を考えると長期的な保有にも適する魅力的な銘柄と考える。


ワコムに関する投資アイデア

他の投資家はワコムをどのようにみているか、アイデアブックでご確認いただけます。


プロフィール

西村麻実 / MamiNishimura
株式会社クリプタクト
マーケットアナリスト 西村 麻美


当社は、本記事の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本記事の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
本記事の内容に関する一切の権利は当社に帰属し、当社の事前の書面による了承なしに転用・複製・配布することはできません。

関連記事

Related Posts

None found

<< 一覧表示に戻る